日本生態学会 第68回大会 ESJ68

公開講演会懇親会

■ 公開講演会・懇親会

公開講演会

日本生態学会第24回公開講演会(環境DNA学会との共同開催)

 生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用は人類にとっての喫緊の課題です。そのためには何よりもまず、生物の効果的な保全や管理が必要であり、最も基本的で重要な情報は、生物の生息分布域や個体数、生物量です。つまり、生物が「いつ」「どこに」「どれだけ」いるのかを迅速に把握することです。このような、簡単なようで難解な問題を一挙に解決できるポテンシャルをもつ革新的技術が「環境DNA」です。環境DNAとは、湖沼や河川などに生息する生物から脱落した組織片や糞等に由来するDNAのことであり、このDNA情報を読み解くことで、実際の捕獲を必要とせず、対象とする生物や分類群の生息状況を簡便に推定できます。この講演会では、環境DNAという最新の技術を用いることで、これまで多大な時間的・作業的労力が必要であった生物モニタリング調査を、迅速かつ簡易に実施された最新の研究事例等を紹介します。そして、一般市民や地方行政等が環境DNA情報を活用することで、特に地域の自然や希少生物の保全への利用が期待できることを紹介するとともに、環境DNA技術を広く社会に普及する機会としたいと考えています。

講演会タイトル:「環境DNAの衝撃:生き物たちの過去・現在・未来を解き明かす」
日時:2021年3月21日(日)14:30~17:00 (予定)

 Zoomウェビナーを用いて開催します。会場となるZoomウェビナーのURLは、後日大会公式ホームページ等でお知らせします。

講演者
土居 秀幸(兵庫県立大学)、 加 三千宣(愛媛大学)、近藤 倫生(東北大学)、源 利文(神戸大学)、宮 正樹(千葉県立博物館)、横山 定(岡山県立博物館)

後援
公益財団法人 八雲環境科学振興財団

懇親会

 懇親会は3月19日(金)にZoomを用いたオンライン形式で開催予定です。懇親会費は無料で、参加申込も必要ありません。大会参加申込者には、後日メール等で懇親会場となるZoomのURLをお知らせします。懇親会の詳細は現在検討中ですので、追って大会公式ホームページでお知らせします。